マカが自然妊娠に良いは本当ですか?【35歳以上の女性専用】

35歳以上はどうすれば自然妊娠できるの?

女性側に不妊の問題があった場合は、症状によって対処をする必要がありますが、
まずは自分がどのような問題で不妊になっているのかを調べる必要もありますから、
産婦人科などで検査が必要になる場合もあります。

 

自然妊娠は、出来ることから始めるのが良いのですが、近年は食生活の問題や生活習慣自体の問題、
ファッションなどの問題があると言われています。
近年は、夜型と言われるほど遅く寝てしまう人が多く、寝不足になっている場合が多くなっていますが、
不妊でなくても寝不足は良くありません。
寝不足になるとホルモンバランスも崩れてきますから、体全体的な不調共に、排卵や生理なども
不順になって行く事があります。

 

まずは十分な睡眠をとることや、適度な運動も必要となってきます。
休日や平日も短時間でも運動を取り入れることで健康な体を保ち、
運動することで新陳代謝も良くなり血液の循環も良くなりますから、
身体の隅々まで栄養を届けることが出来ます。

 

食生活の乱れを直すことで、自然妊娠しやすい体質に改善する事も出来るでしょう。
脂っこい食生活が多い人は、野菜や青魚を中心に摂取したりすることで、バランスの良い栄養を摂ることが出来ます。
海藻類や豆類を食べると良いでしょう。
またビタミン郡やカルシウム、亜鉛、アルギニンなどの成分を良く摂取すると良いと言われています。

 

ファッションでは、締め付けるような下着や、ベルト、ハイヒールなどは避けるようにすると良いでしょう。
締め付けるファッションは、血行不良を起こしますから良くありません。
またタバコも良くありませんし、お酒もたしなむ程度に控えることも大切になってきます。

 

自然妊娠は女性ホルモンの量が重要?

女性ホルモンの代表として、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、
ホルモンは神経伝達になどに関わっています。

 

生理が起きるのも、ホルモンが分泌されて卵巣を刺激して、卵胞を育成させたり、
子宮に働きかけて、受精卵を受け入れやすくしたりする事もしています。
他にも、健康で、生き生きと生活していくためには必要なもので、食物から摂取する
栄養素は、ホルモンバランスと関係がありまして、
栄養素が不足してしまうと、ホルモンの働きが悪くなりますから全身の機能も低下してしまいます。
血液の循環も悪くなりますから、ホルモンの分泌も悪くなってしまい、生殖機能も低下してしまいますから、
妊娠しにくくなってしまうのです。

 

妊娠しにくい原因の一つとして、子宮内の血液循環が悪くなってしまっている事もありまして、
その為ホルモンの分泌が悪くなり、卵子が育ちにくくなってしまったり、
子宮内に着床しないことで妊娠しにくくなってしまうと考えられています。

 

ストレスによってもホルモンバランスは乱れてしまいますから、ストレスを受けにくい環境を作ったり、
ホルモンの分泌を促す為に、寝不足を解消することや、食生活を改善して栄養バランスの良いものにすると、
女性ホルモンの分泌が良くなっていきます。
大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た効果がるとされていますから、
食事からとってホルモンバランスを改善するのも良いでしょう。ちなみに不妊にはマカ配合のサプリが有効だと非常に最近では注目されているのをご存知でしたか?
妊娠しやすい環境を作るには、身体の体調を整えて、女性ホルモンの分泌を活性化させることで、
生殖器の活性化を促したり、バランスよくすること妊娠しやすい身体を作ることが可能です。


このページの先頭へ戻る