排卵検査薬にはどういうものがあるの?

排卵検査薬の種類と使い方を解説

排卵検査薬は、排卵日知るために、尿や唾液を使って検査して行きます。
基礎体温で予想する事も出来ますが、排卵日を正確に知ることは難しくなってしまう場合もあります。
排卵日を知る為に、排卵と関係するホルモンの分泌量の変化を知ることで、排卵日を特定していきます。
尿や唾液を使って行きますから、医療機関でなくても自宅で気軽に検査することが可能です。
エストロゲンや、LHホルモンを調べていきますが、LHホルモンが急激に増えている場合は、
24時間程度で排卵日になると特定することが出来るようです。
検査する物には、使い切る物と、繰り返し使える物がありますが、衛生面を考えると
使い切りが良いかもしれません。
以前は、検査マークが浮かび上がる物が多かったのですが、最近ではデジタル表示になっているものも多くなり、
結果は正確なのですが価格が高くなっています。

 

例えば検査薬として、クリアブルー排卵日検査器がありますが、LHホルモンとエストロゲンを検出しまして、
排卵日を6日前に知ることが出来るようになっています。
簡易的なものが2日前から知ることが出来るのに対して高性能ですから人気も高いようですよ。

 

ワンステップ排卵検査薬は、尿を使用して5分で検査結果が出るもので、
陽性反応があれば、1日から2日以内に排卵する可能性があります。

 

クリアブルー・イージーデジタルは3分で分かることが特徴的で、LHホルモンの特定をして行きます。
デジタルですからかなり精度高い結果が得られますが、2日以内の排卵の特定をすることが可能でしょう。
デジタルですからあいまいな判定が無い為に信頼度があります。

 


このページの先頭へ戻る